ウールのお手入れワンポイントアドバイス

ウール製品を長く使うための

ワンポイントについてお話します。

まず、基本的なことなのですが、

一日使ったら休ませてください。



天然繊維やウールという素材は、

空気中の湿気を呼吸のように

吸ったり吐いたりしているのです。



風通しのいいところで、

ハンガーなどにかけて

リフレッシュさせてあげましょう。



またペットと同じように

ブラシッングをまめにしてください。


タンスなどにしまう場合は、

豚毛など柔らかい毛のブラシを軽くかけてあげましょう。



ほこりなどのゴミがついたまま押さえたりすると、

生地をいためたり、シミになってしまう原因となりますので

しっかり手入れをしていきましょうね。



また、ウールに蒸気をあてて、

ウールを気分転換させてあげてもよいでしょう。



ウールの製品は、時々蒸気をあててリフレッシュさせると、

少しぐらいのシワは綺麗に取れますし、

ウールについたタバコや焼き肉などのガンコな臭いも取れちゃいます。



当て布をしてからスチームアイロンでプレスするか、

ハンガーなどにつるしたまま使える蒸気の出るブラシ等でもOKです。



一番簡単な方法としては、

湯船にお湯を溜めてお風呂に入った後、

ふたを開けたバスルームにハンガーでつるしておけば、

翌朝には仕上がっています。



また、同じウールでもお手入れの仕方はいろいろなので、

タグや洗濯マークをしっかりと確認した上で実施してくださいね。



ドライクリーニングしかできないものや

手洗いならOKなもの、洗濯機でごしごし洗えるウール等、

繊維により様々なので手入れの際は、ご注意ください。