ウールのリサイクル!?

今のご時世、地球の環境問題が一番の課題となっています。

 

現在、温暖化が進行し続け、本当に深刻な問題となっており、

 

これ以上自然の生態系を乱す原因となるような

 

物づくりは決して許されないでしょう。

今では科学も進歩してさまざまな繊維や素材が開発され、

 

快適な日々を過ごせるようになりました。

 

 

 

そこで、今一度昔ながらの天然繊維である

 

ウールに注目していきたいとおもいます。

 

 

 

ウールは、生粋の自然素材で、 

 

19種類のアミノ酸配列をもとにした

 

タンパク質で形成されています。

 

 

 

なので、ゴミとして処分されても

 

土の中にいるバクテリアなどの微生物によって

 

完全に生分解され、もう一度土に還ります。

 

 

 

この無駄のない最高の特徴を生かして、

 

「ウール・エコサイクル・プロジェクト」という

 

新しい企画が始まりました。

 

 

 

使い終わったウールマーク製品を

 

いろんな形で再利用し、

 

また有効的に活用するシステムに取り組んでいます。

 

 

 

今、実際に取り組んでいるのは、

 

いらなくなったウール衣料品のリサイクルなどで、

 

小売店などを窓口に回収して、

 

リサイクルセンターで車両用断熱材、

 

緑化促進資材などの産業資材として効果的に再生しています。

 

 

 

この製品は、また私たちに利用され、

 

最終的には再び土に還ります。

 

 

 

そしてその新しい土から、

 

芽生えた牧草により「羊」が成長するのです。