【カシミヤ編3】ファリエロサルティ ストールの素材 カシミヤの生産について

カシミヤ繊維というのは、アジア大陸の季節の温度差が激しい高地や

 

山岳地方で飼育されている

 

「カシミヤ山羊(Capra Hircus Laniger)」

 

の産毛(うぶげ)です。

 

 

 

 

このような土地では冬場の気温が

約―30度くらいまで冷え込みますが、

山羊の身体には厳しい冬の寒さから身を護るために、

通常の粗い毛の下にもう一層の

非常に細いウブ毛が生えています。



この産毛(うぶげ)がカシミヤ繊維になります。



このうぶ毛を春の生え変わりの時期に拾い集めるか、

くし等でブラッシングをして集めるのですが、

集めるのには、非常に手間がかかり、

しかも1頭につき150gから250gしかうぶ毛を取ることができず、

セーターを作るには山羊約4頭分のうぶ毛が必要となります。



このように1頭からごくわずかしか取れないので、

カシミヤは非常に価値が高くなっています。



また、カシミヤ繊維の取れるカシミヤ山羊は主に、

中国の北西部地方、モンゴルやイラン、

ネパールのヒマラヤ地域などの高い台地に住んでいます。



精製前のカシミア繊維の最大の収穫量は中国が一番で、

その採取量は1年あたり約1万トンになります。



カシミア繊維の世界総採取量は

年間推定1万5千トンから2万トンなので

中国での収穫量は全体での50~75%の

シェアを誇っていることになります。



中国恐るべし!!!



使用した人なら分かると思いますが、

カシミヤ繊維は、肌触りの良さと

その希少性から高級素材として人気ですよね。



ただ、その識別方法の難しさから

羊毛などを混ぜる偽装が後を絶たず、

「流通量は生産量の4倍」と言われています。



非常に残念なことですよね。



しかし2009年9月、岩手県立大学の

倉林徹教授らの研究チームが、

テラヘルツ波を照射し、振動波を確認することにより



カシミヤの純度を数分で識別する技術を開発したことで

偽物排除に向けての動きが活発化しているとのことですので

現在は、安心して購入することができます。



もちろん、当店では偽物は一切扱っておりませんので

その辺はご安心くださいね。