ファリエロサルティ(Faliero Sarti)ストールの素材【アルパカ編4】

アルパカは、前回お話したように

 

体毛の利用が主ですが、荷物を運ぶこともあります。

 

今日はそんなアルパカの雑学について少しお話しします。

アルパカが1回に運べる荷物の重さは

 

だいたい50kとなっています。

 

ちなみにラクダは約100kg位なら運べるそうです。

 

ラクダって力持ちなんですね^^

 

 

また南米古来から毛を衣類などに使われる動物は、

 

ビクーニャやラマ、グアナコのアルパカを含めた

 

ラクダの仲間4種類だそうです。

 

 

ビクーニャとアルパカはどちらも

 

「毛」

 

が重要視されますが、

 

アルパカの場合は、毛のクオリティーと採毛量の点で優れており、

 

ビクーニャは毛の柔らかさときめ細かさに加えて、「希少さ」の点で

 

重宝されています。

 

 

ちなみにグアナコについては、毛の品質的には

 

ビクーニャよりやや劣りますが、採毛量はやや多いのが特徴です。

 

 

さらにアルパカが日本でこんなにも有名になったのは、

 

何がきっかけだったか覚えていますか??

 

 

実は日本では2008年(平成20年)頃に

 

株式会社クラレの企業CM

 

マスコットキャラクターとして出演したことで

 

アルパカが大ブレークしたんです。

 

 

今日はちょっとだけアルパカの雑学をお話ししてみました。