素材別のストールの保存の仕方♪

ファリエロサルティのストールを保存する時に気をつけるのは、

素材別にどのような状態に保存をするかが基準になります。

 

例えば

シルク、カシミヤ、ウールなどの素材別に、

 

シワ加工を強めに

ふんわり感を出したい

型くずれさせたくない

 

など

 

【シワ加工を強めにしたい、復活させたい】

この方法はストールでも、シワ加工のシャツなどでもお使いいただけます。

このまま保存すると使う時にシワ感がしっかり出ます。

ボリュームを出したい時には使う前日には外しておきましょう。

 

1.ストールを巻く時の様にくしゃくしゃっと細長く持つ

 

2.長い状態を二つに折る

 

3.2つに折った輪の部分に手(腕)を入れてくるくるくるくる巻いていく

 

4.くるくる巻いていき、きつくなって自然と丸まってきたら、

その終着点の端を手に持ち、持ったままの手を輪から引き抜く

 

5.ねじねじになって、ぴたりと止まり出来上がり☆

 

言葉では分かりずらいですね・・・(汗)

 

後ほど動画でアップしますね^^

 

 

 

【ふんわり感を出したい】

シワになりやすい素材、リネン、コットン

シルクなどにおすすめです。

 

一旦広げて着用シワを伸ばしてから

たたんだり丸めたりします。

もしくは、

ファリエロサルティの素材はわざとシワっぽい素材も多いので、

ハンガーにくしゃっとしたままかけるのもおすすめです。

私もこの方法が多いかな。

 

シルクは湿気に弱く、直射日光での色あせも考えられますので、

陰干しや、湿気をとって重ねる時はなるべく上の方に保存し、

風通しを良くする様にしてくださいね。

 

 

 

 

【型くずれさせたくない】

ウール、ニット、カシミヤなど

型くずれさせたくないもの、

広げてからたたんだり、丸めたりします。

ウールやカシミヤは摩擦に弱いので、ぎゅうぎゅうにしまうのは避けてくださいね。

また、虫食いの心配もあるので、防虫剤を入れる様にしましょう。

ジョンストンズなどのストールはウール、カシミアの物が多いのでおすすめです。

 

 

 

ストールは首回りに使う為、湿気を含みやすいので

オープンケース(かご等は引っかけの恐れがあるので注意してください)にしまうか、

引き出しにしまう際は湿気をとってから収納しましょう。

 

 

参考にしていただけると嬉しいです^^

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています。

良かったら応援よろしくお願いします☆ 


にほんブログ村 ファッションブログ マフラー・ストールへ