「似合わない色」を着こなす!5つの法則

着こなしイラスト

パーソナルカラーを診断すると知る「似合わない色」

パーソナルカラー診断とは、生まれもった色(肌、瞳、唇、髪、頬など)と、

雰囲気が調和した、似合う色を見つける診断のことを言います。

 

パーソナルカラーを診断する場合はこちらから↓

自分の似合うを知ろう!パーソナルカラー診断編

※簡易診断なので、プロに見ていただくのも良いと思います。

 

 

診断をすると分かるのが、似合う色、そして似合わない色があること・・・

 

似合う色の考え方は、基本的には自分の体にある色に近い色の方が肌映りが良くなる。

ということなんですよね。

 

例えばリップを選ぶ時、指の先端を押さえて赤くなる色に近い色を基準にしたり、白髪の方が真っ黒よりグレー系が似合うようになったり。

 

同系色でまとめた方が、肌に反射した時の映り込みに馴染みが良く、血色がよく見えたり、

つまりは似合う色に近いということが言えます。

 

 

 

そして、診断を行ったら、

好きな色だったけど似合わない色に入っていた

トレンドだから買ってみた色が似合わなかった

旦那様に似合わないと言われてから着なくなった

 

など、せっかく買ったけど使っていない、怖くて着れていない服や小物はありませんか?

 

ちなみに、診断では似合わない色というのは、

ピンクでもヴィヴィットなピンクならOK、薄いピンクならOKなど

彩度や明度によってもことなるので、気嫌いする必要はありません。

 

似合わない色でも、

すごく似合わない

ちょっと似合わない

まあまあ似合う

とても似合う

と強弱があると思います。

 

そんなお色でも合わせによっては似合うスタイルに変えることができます。

 

次に紹介する5つの法則を守って「似合う色」っぽくコーディネートしちゃいましょう!

 

「似合わない色」を「似合う」っぽく着こなす5原則とは?

1.似合わない色は1アイテムだけにする

 

2.顔から離れたボトムスや靴などに使う

 

3.化粧は必ず似合う色にする

 

4.トップスならデザインや小物で調整する

 

5.素材や配色にこだわる

 

 

 


まず、似合わない色は1点だけに絞りましょう。

似合う色の面積を多くすることによって苦手色をカバーすることができます。

 

さらに、似合わないお色はできるだけ顔から離れたところに使うと肌映りの印象が軽減されます。

 

お化粧は必ず似合う色で選ぶようにしましょう。

私も勘違いしていたことがあったのですが、ファンデーションでイエローベースと言われたからといって、パーソナルカラーがイエローベース(春秋)ということはありません。

ファンデーションの色は肌の色、パーソナルカラーは似合う色なので、

一緒にしないようにお気をつけくださいね。

 

どうしてもトップスで持ってくる時には、ストールやアクセサリーを似合う色を持ってきたり、インナーに似合う色を入れるなどワンクッション馴染ませカラーを入れましょう。

柄でトップスの色とリンクする色と似合う色が入っていたりするのも繋がりができて良いですよね。

 

アクセサリーは、

春秋タイプの人はゴールド系

夏冬タイプの人はシルバー(プラチナ)系

 

配色は、

春秋タイプの人はナチュラル色、オレンジ、赤などの暖色系

夏冬タイプの人はモノトーン系、紫、青など寒色系に配色し、

全体の印象を似合う色のテイストに仕上げると似合うっぽく見せることができます。

似合わない色を着こなす時に便利なストール

ここまでお読みいただいた通り、似合わない色を着こなすコツはマスターできましたか?

 

スタイリストの大草直子さんも著書で言っていますが、ストールは「つなぎのアイテム」としても重宝します。

 

例えば黒のスカートに白のトップスを合わせた場合、アイスグレーやグレージュなど中間色のストールを合わせていただくと、メリハリがつきすぎたコーディネートを馴染ませてくれます。

 

ファリエロサルティのストールなら、巻き方が分からない方でもくるくるっと巻いていただくだけで「こなれた印象」に仕上がるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

また、Faliero Sartiのストールは多彩な色や柄のストールも豊富です。

上の着こなしでも紹介したように、たくさんの色が入っていると、その中の一色をリンクさせることによってコーディネートにまとまりができます。

 

ぜひストールで、着こなしの幅を広げてみてくださいね^^

ランキングに参加しています。

良かったら応援よろしくお願いします☆ 


にほんブログ村 ファッションブログ マフラー・ストールへ